令和6年能登半島地震による生活福祉資金の特例貸付について

令和6年能登半島地震により、災害救助法の適用となった地域及び特例措置が必要な地域として、都道府県知事が設定した地域から川口市へ避難されてきた世帯に対して、生活費等のための特例貸付の受付を開始しました。

貸付を希望する方は、川口市社会福祉協議会までご相談ください。

なお、貸付制度であるため償還(返済)が必要です。

  

(今回の災害により埼玉県内に避難されてきた世帯に対し、特例として埼玉県内の社会福祉協議会で貸付を行うものです。他都道府県社会福祉協議会で既に今回の「緊急小口資金(特例貸付)」を受けている世帯は対象外です。

緊急小口資金

1.貸付対象(以下の3つの要件にすべて該当する方)

 ① 令和6年能登半島地震により被災した地域から埼玉県内に避難している世帯

 ② 今後、埼玉県内の避難先に1ヶ月程度居住する世帯

 ③ 今後、電話・訪問等により継続的に連絡を取ることができる

 

2.貸付限度額

 10万円以内 ただし、以下の①~④に該当する場合は20万円以内

 ① 世帯員の中に死亡者がいるとき

 ② 世帯員に要介護者がいるとき

 ③ 世帯員が4人以上いるとき

 ④ 世帯員に重傷者・妊産婦・学齢児童(小学生)がいる世帯等で、特に埼玉県社会福祉協議会会長が認めるとき

 

3.貸付条件

 (1)据置期間  1年間

 (2)返済期間  2年間(24回払い)

 (3)利子    無利子(返済期間内に返済が完了しない場合、残金に対し延滞利子として3.0%)

 

 能登半島地震特例貸付チラシ・市町村社協一覧(埼玉県社会福祉協議会ホームページ)