川口市生活自立サポートセンター

仕事・生活・健康などの問題で生活に困りごとや不安のあるかたが、地域で自立した生活を送ることができるように、相談内容に応じて支援員がどのような支援が必要か一緒に考え、支援計画を作成します。

支援計画に基づき、生活の安定や就労促進など自立に向けた各種支援を行います。

この事業は、生活困窮者自立支援法に基づく自立支援事業等を行う相談機関として、川口市からの委託を受け川口市社協が運営しています。事務所の所在地はこちらからご確認ください。

制度の詳細につきましては、下記リンク先をご参照ください。

厚生労働省「生活困窮者自立支援制度」

川口市生活自立サポートセンターにつきましては、下記リンク先からもご覧いただけます。

川口市生活自立サポートセンター(川口市ホームページ)

川口市生活自立サポートセンターのチラシはこちらからご覧いただけます。

川口市生活自立サポートセンター チラシ

援助内容

住居確保給付金

就労意欲・能力ともにあるかたで、離職等により住まいを失っているかたや失うおそれのあるかたを対象に、安心して就職活動ができるよう、家賃に充てるための費用を支給します。

就労支援

仕事をしたいが就職に結びつかないかたのために、就職するための方法を一緒に考え、就職後は寄り添いながら職場での定着を目指します。

就労準備支援

「社会との関わりに不安がある」、「他の人とのコミュニケーションがうまくとれない」など、直ちに就労が困難なかたには、一般就労に向けた基礎能力を養いながら、就労に向けた支援や就労機会の提供を行います。

関係機関との連携

生活福祉資金貸付制度、彩の国あんしんセーフティネット事業、無料定額診療制度や生活保護制度など、住み慣れた地域での生活を支える事業と連携し、さまざまな支援を行います。

対象者

  1. 市内在住のかた
  2. 生活保護を現在受けていないかた
  3. 失業、病気など様々な問題で生活にお困りのかた

支援の流れ

  1. 面談・相談

    初めてのご相談は、相談員がお話を聞き、生活に困っている課題を整理します。
    出張相談会やご自宅への訪問によるご相談も受け付けています。
    必要な支援、制度などを検討し、適切な支援方針を決定します。

  2. 支援プラン作成

    一人ひとりにあった支援プランを作成します。

  3. 自立へ向けた支援

    支援プランに基づいた支援を実施し、相談者が社会的・経済的に自立した生活を営めるように支援します。

  4. アフターケア

    再度生活にお困りになることがないように、その後の生活の確認や再相談など、自立後のアフターケアを行います。

お問い合わせ

川口市生活自立サポートセンター(福祉支援課)

電話:048-299-8293048-299-8294(ファックス:048-257-6600)

電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)